• 輿石信男

上海地下鉄の動と静

上海の地下鉄の朝の通勤時と夕方の終業時のラッシュはすごい。ひどい駅になると駅の構内に入るまでに10分ぐらいかかり、外に並ばないといけない。おまけに、荷物をX線に通さないといけないので、余計に時間がかかる。万国共通で、ぶつかった、ぶつかってないの言い争いの喧嘩もあれば、痴漢もいる。

 現在、17号線ぐらいまであり、東京と比べても遜色ないほどのライン数があるが何故か地下鉄では行けない場所が多い。だから、モバイクを初めとしたレンタル自転車が流行ったわけだ。上海の地下鉄が日本と違うのは、車内で携帯で話をしても良いことと、無料のWiFiが飛んでいて、走行中もあまり切れずに通話もできることだろう。だから、終点が近くなって空いてくると、パソコンを出して使う人も時々見かける。写真のようにMacに日本の浮世絵のシートを貼っている人を見ると、なぜかホッとしてしまう。



始発は朝は5時台から動き出しているが、夜が終わるのが早い。都心部から終点近くまで1時間ぐらいかけて行く場合は、22時半ぐらいが最終となってしまう。もうちょっと遅くまで動かして欲しいところだ。お陰で中国のバスにも詳しくなってしまった・・・



1回の閲覧

© 2020 株式会社早文舎

  • YouTubeの社会のアイコン